太陽光発電設備の除草、伐採サービス|RunningDreams有限会社は総合ビルメンテナンス事業を中心にアルカリ電解イオン水の販売も行っております。

Running Dreams 有限会社
weeding_img01

太陽光発電設備の除草、伐採サービス

除草だけでなく、生えてこないよう対策までしっかりと

施工時に対策がなされていなければ、太陽光発電設備の周辺にも雑草が茂ります。
「雑草」と聞くだけでは深刻に考えづらいですが、時には大きく育ち影を落とすことで発電を妨げたり、ツタ状の雑草がパワコン内部へ侵入してしまうなど、故障や火災にまで繋がる厄介な存在です。
再発させない、次回の対応を楽にするための「対策」までが重要です。

雑草による発電量低下

背丈の長い雑草や、架台を伝いツタがパネルを覆うように生えてしまうことで、影ができ光を遮ることで、発電量が低下してしまいます。

さらに慢性化すると、影が出来た場所は発電しない状態が続き、抵抗の様になることで異常発熱を引き起こすほか、パネルの裏側を押すように雑草が伸び、物理的に負荷を与えてしまう。
こうした要因から雑草による故障に繋がります。

特に春〜夏にかけて暑さが増す時期ほど雑草の成長が早いため、成長してからではなく早期対策が望ましいです。

雑草がソーラーパネルに影響を与える実例

●日照量が減ってしまう状況

weeding_img02
weeding_img03

広い範囲に渡り、光を遮ってしまいます。
雑草だけでなく、時には木が影響を与える場合もあります。
成長が早いため、ただ伐採するだけでなく生えてこない、成長を遅らせる対策まで行うことが重要になります。

●故障に繋がるような状況

weeding_img04
weeding_img05

雑草がパネルの裏側から伸びてきてしまう例もあり、パネルだけでなくパワコンにもツタが巻きつき、異常につながる場合があります。
機器や配線が見えなくなると、除草作業時に誤って傷つけてしまうなど、2次的な被害の発生にもつながります。

除草、伐採サービスの対応内容

・伸びてしまった雑草を伐採します。その際、設備を傷つけないよう細心の注意を払って対応します。

・成長途中であれば除草剤を用いて、安全に、より低価に対応します。

・防草シートを用いて雑草が伸び辛い環境を作り、電力低下が起こらないよう事前に対策します。

お問い合わせはこちら